「わかさいも」は1923年創業 洞爺湖の近くに立つ「わかさいも本舗」が製造・販売
▲北海道 洞爺湖温泉の名物和菓子「わかさいも(わかさ芋)

北海道の和菓子のなかで、昔ながらの素朴な味わいを楽しめるといえば、そのひとつに北海道洞爺湖温泉名物の菓子「わかさいも(わかさ芋)」が真っ先に思いつきます。
スポンサーリンク


(お取り寄せ)「わかさいも」(わかさ芋)
>>1930年誕生!北海道のお菓子の歴史を刻むロングセラー!わかさいも 10個入[北海道お土産]fs3gm

「わかさいも(わかさ芋)」は、北海道の洞爺湖の湖畔(洞爺湖温泉)にある、1923創業の老舗「わかさいも本舗」が製造・販売している和菓子です

「わかさいも(わかさ芋)」は、簡単にいうと、白餡を主原料にしたお菓子です。「わかさいも」という名称に「いも」が入っているだけに芋が原料だと思われがちですが、そうではありません。

大福豆で炊き上げた白餡。それが主な原料なのです。

なぜそれなのに「わかさいも」という名称がつけられたのかというと、(わかさいも本舗のホームページによると)さつまいもが獲れない北海道だけに「焼き芋」の形をしたお菓子をつくってみたいと考えたからだそうです。
スポンサーリンク

わかさいも本舗が目指した「焼き芋に似たお菓子」。その通り、わかさいも本舗「わかさいも(わかさ芋)」のパッケージを開けてみると、焼き芋そっくりの形をしたお菓子が出てきました。

こんがりきつね色をしていておいしそうです。早速、わかさいも本舗「わかさいも(わかさ芋)」を食べてみることにしました。
IMG_0997北海道 洞爺湖温泉の名物和菓子「わかさいも(わかさ芋).JPG
▲「わかさいも」は1923年創業 洞爺湖の近くに立つ「わかさいも本舗」が製造・販売

わかさいも本舗「わかさいも(わかさ芋)」の皮は薄く、口のなかにほうばると、醤油の香りがほんのりして、ほどよい甘さが伝わってきました。

わかさいも本舗のホームページによると、「わかさいも(わかさ芋)」の皮には、鶏卵と醤油をブレンドした卵醤油が塗られているそうです。

串刺しにした「わかさいも」を回転させながら卵醤油を吹き付けて時間をかけじっくりと焼き上げるのだとか。

わかさいも本舗「わかさいも(わかさ芋)」のうす皮のなかからは、たっぷりの白餡が姿をあらわしました。この白餡を口に含んだところ、上品でやさしい甘さが口いっぱいに広がりました。

食感はホクホクした感じでした。わかさいも本舗のホームページによると、この白餡は、わかさいも本舗(洞爺湖本店)のある洞爺湖の周辺で栽培された大福豆を主原料につくられているそうです。

そして、この白餡、なぜか不思議な食感もしました。餡のなかに筋のようなものが入っているのです。何かと思って餡のなかを見ると、なんと細い金糸昆布が入っていました。

この金糸昆布は、北海道南産で、芋の筋を見立てたものなのだとか。そんな細かいこだわりもユニーク。そして、昆布ならではの独特の風味がして、優しい甘さの白餡とぴったりマッチしていました。
わかさいも(わかさ芋)のなかには大福豆の白餡がぎっしり。金糸昆布も入っている
▲わかさいも(わかさ芋)のなかには大福豆の白餡がぎっしり。金糸昆布も入っている

わかさいも本舗のホームページによると、わかさいも本舗の「わかさいも(わかさ芋)」は創業した大正年代の味を今も守っているそうです。道理で素朴でなつかしい味わいがするわけです。

わかさいも本舗「わかさいも(わかさ芋)」は以降、第18回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞するなど数々の賞に輝き、現在では北海道を代表する和菓子のひとつとして多くの観光客たちに親しまれています。

ちなみに 北海道には、その土地柄、焼き芋に見立てた銘菓が他にもいろいろあります。

わかさいも本舗の「わかさいも(わかさ芋)」の類似品としては、若狭屋老舗の「わかさ屋いも」、わかさ屋本舗の「いも風味」、登別市のわかさや菓子舗が販売する「手焼きいも」などの類似品があります。それぞれおいしいですよ

<お取り寄せ「わかさいも」>

1930年誕生!北海道のお菓子の歴史を刻むロングセラー!わかさいも 10個入[北海道お土産]fs3gm

わかさ芋本舗「わかさいも」(wakasaimo)」 DATA

(製造・販売) 株式会社 わかさいも本舗(わかさいもほんぽ)
(原材)大福豆・手亡豆・上白糖・小麦粉・卵・減塩醤油・金糸昆布ほか
(カロリー)わかさいも(わかさ芋)1個あたり約126キロカロリー(kcal)
(賞味期限) 製造から18日間

(わかさいも本舗の会社概要)
 
事業内容 菓子製造販売/外食、地ビール醸造
わかさいも本舗(本社):北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉 108番地
わかさいも本舗(支社:登別工場):北海道登別市若山町2丁目29番地

(わかさいも本舗の店舗一覧)

[洞爺湖エリア]:・洞爺湖本店・洞爺湖売店、昭和新山店
[登別エリア]登別本店、登別東店、登別温泉店、イオン登別店
[室蘭エリア]室蘭中島店、イオン室蘭店、室蘭中央店
[札幌エリア]札幌パセオ店、札幌ぽっぽまんじゅう
[伊達エリア]イオン伊達店、伊達舟岡店
[その他]ルスツ店

(わかさいも本舗の主な商品)
・わかさいも(わかさ芋)・いもてん・有珠まん・おいもさん・恋生(こいうま)・北海道じゃがッキー・バレンタインチョコロール ほか

(地図)わかさいも本舗(洞爺湖本店)の場所

大きな地図で見る
わかさいも本舗のある洞爺湖温泉は、年間300万人が訪れる北海道でも有数の規模を持つ温泉。明治43年に四十三山の噴火によって温泉が湧き出しました。洞爺湖温泉は、湯量が豊富で、洞爺湖や羊蹄山など美しい眺望がのぞめる宿が多いのが特徴。平成20年には、北海道洞爺湖サミットが開催されました。
>>北海道 洞爺湖温泉の温泉宿一覧はこちら(楽天トラベル)