小樽の観光スポットのカテゴリ記事一覧

古びた駅舎や温泉地、郷土の食材を使った駅弁、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って郷土料理や文化の表象を見つけたり・・味覚ではLeTAOのドゥーブルフロマージュ ほか北海道発祥のスウィーツとの出会いも楽しみのひとつ。そういった出会いは北海道を流れるゆったりした時間と空気感があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜

カテゴリ:小樽の観光スポット

小樽の観光スポットのカテゴリ記事一覧。札幌・小樽・室蘭・苫小牧・千歳・函館など北海道のおすすめの夜景、ひょうとう祭り、ルタオスウィーツほか北海道土産、交通(パシフィックストーリー、快速エアポート、新千歳空港ほか)をライターの井上晴雄が、文と写真で綴ります

小樽の観光スポット
JR札幌駅から函館本線の快速列車に揺られ約30分、太平洋に面して広がるまち小樽(北海道小樽市)はノスタルジーの世界に誘ってくれる港町です。▲JR小樽駅に到着した…

記事を読む

小樽の観光スポット
小樽(北海道 小樽市)は明治時代から大正時代にかけて北海道一の商港として栄えた港町です。当時、国内外からやってきた大型の商船が行き来し、港の近くには商社や銀行…

記事を読む

北のウォール街・小樽の歴史的建造物「日本銀行旧小樽支店」

JR札幌駅から函館本線の快速列車に揺られ約30分、太平洋に面して広がるまち小樽(北海道小樽市)は
ノスタルジーの世界に誘ってくれる港町です。
JR小樽駅に到着したJR北海道・函館本線の普通列車
▲JR小樽駅に到着したJR北海道・函館本線の普通列車

小樽(北海道小樽市)は明治時代から大正時代にかけて、北海道開拓の玄関口をして栄えました。小樽運河や鉄道を利用して、国内外から集まった物資が北海道の各都市に運ばれていきました。時代の流れから、物資運搬の主役は船からトラックに変わり、大正時代以降は、小樽(北海道小樽市)での物流業はすっかり衰退してしまいました。しかし、銀行や商社など当時つくられた重層な石造りの建物はほぼそのままの形で残されました。小樽(北海道小樽市)のまちを歩いていると、そんな歴史を感じさせてくれる建造物が心に琴線にふれ、ホッとするひとときを味あわせてくれます。

 とりわけ、小樽運河と並行してのびる浅草通と色内本通の界隈は、歴史的建造物が数多く立ち並ぶ
エリアで、「北のウォール街」と称されています。その一角に屋根には屋根に5つのドームが配した重層な建物が立っています。その建物は日本銀行旧小樽支店です。
ライトアップされた日本銀行旧小樽支店(日本銀行旧小樽支店金融資料館).JPG
▲ライトアップされた日本銀行旧小樽支店(日本銀行旧小樽支店金融資料館)

日本銀行小樽支店は明治26年(1893年)に日本銀行小樽派出所として開業。明治35年(1902年)には小樽支店に昇格しました 明治45年(1912年)に現在の日本銀行旧小樽支店の姿に建て替えられました。

日本銀行旧小樽支店の建築には、日本近代建築の先駆者であり東京駅の建築で知られる辰野金吾やその弟子、長野宇平治らが手がけました。ルネサンス様式の建物で、外装にはレンガにモルタルが施されて石造りつくり風に仕上げられています。内部は当時主流だったレンガ造りの建築技術に加え、鉄骨やコンクリートなど当時としては近未来的な技術が導入されました。

日本銀行小樽支店としての営業を終えた日本銀行小樽支店は、2003年(平成15年)、資料館「日本銀行旧小樽支店金融資料館」として新たな歩みをスタートしました。

「日本銀行旧小樽支店金融資料館」の歴史展示ゾーンでは、日本銀行および日本銀行旧小樽支店に関する歴史資料を展示。ほかには、第2次世界大戦後に発行された紙幣なども見学できます。小樽の歴史やお金の変遷を、小樽の発展を見守ってきたこの歴史的建造物のなかで学ぶことができるとはとても素敵です。「日本銀行旧小樽支店金融資料館」は、小樽の人気スポットのひとつとなっています。


日本銀行旧小樽支店金融資料館」 DATA

(住所) 北海道小樽市色内1−11−16
(アクセス) JR小樽駅から徒歩約10分
(開館時間) 9:30〜17:00 (入館は〜16:30)   
(休館日) 月曜日(※月曜日が祝日・振替休日のときは翌翌日以降の最初の平日休)、年末年始(12月31日〜1月5日)休み
(駐車場)団体のみ
(入館料)無料
(宿泊)小樽の観光に便利な小樽市内のホテル・旅館一覧(楽天トラベル)
(地図)日本銀行旧小樽支店金融資料館」の場所

大き

な地図で見る
年間累計300万個販売!TVやメディアで紹介の【LeTAO】のチーズケーキ

北海道は広大な面積を誇り、海、山、湿原がつくりだす壮大なスケールの自然とであえる地。春〜秋は季節の花々に彩られ、涼しく心地の良い夏と秋が過ぎれば、冬はしっとりし た雪景色が広がります。北海道の夜景はナトリウム灯がともるあたたかみがある光が特徴。藻岩山やJRタワー展望室T38などからは190万人近くが暮らす札幌の夜景を一望できるほか、函館山からは日本三大夜景の函館の夜景を、港町の小樽では運河に映し出される情緒ある夜景を楽しむことができます。また、札幌市内で開催される札幌雪まつりや千歳市の支笏湖畔で催される ひょうとう祭りなど冬季のライトアップイベントも人気を集めています。豊かな自然と独自の文化に彩られた大地。北海道にはやさしくゆったりした時間が流れています
スポンサーリンク

3400種類ものオルゴールが展示販売されている「小樽オルゴール堂(本館)」 (北海道 小樽市)

小樽(北海道 小樽市)は明治時代から大正時代にかけて北海道一の商港として栄えた港町です。当時、国内外からやってきた大型の商船が行き来し、港の近くには商社や銀行が立ち並び、随分にぎわっていたと伝えられています。しかし時代が流れ車社会が到来したことで、小樽の商業は次第に衰退していきました。現在の小樽は観光地に様変わりし、当時建築された重層な洋館石造りの倉庫群を生かしたまちづくりが進められています。小樽は観光客たちをメルヘンの世界に誘ってくれるまちなのです。

小樽はまち全体がレトロな雰囲気で、オルゴールの音色がよく似合います。オルゴールがガラス細工を販売している店も点在し、まちを歩いていると、どこからか美しい音色が聞こえてくるのです。

たとえば小樽で土産屋が立ち並ぶ、メルヘン交差点の一角には、オルゴール専門店「小樽オルゴール堂」があります。石造りの重層な外観がその歴史を感じさせます
重層な石造りのたたずまいが印象的な「小樽オルゴール堂」 (北海道 小樽市)
▲重層な石造りのたたずまいが印象的な「小樽オルゴール堂」 (北海道 小樽市)

「小樽オルゴール堂」本館は、米穀商・共成の社屋兼倉庫として建造されました。明治45年(1912年)のことです。以後、オルゴール堂本館として引き継がれ、日本最大級のオルゴール専門店に発展していきます。店頭には、蒸気時計が設置され、定刻になるとメロディを奏でながら蒸気を発し時刻を知らせてくれます。その風景は小樽の名物のひとつにもなっているほど。


「小樽オルゴール堂」の中に入ると、そこは木の香りがする空間です。1階から2階にかけては吹き抜けになっていて、天井には大きなシャンデリアが掲げられています。

そして、小樽オルゴール堂の店内には世界各国から集結した、個性にあふれるオルゴールがずらり。その数、なんと約3400種類といわれています。安いものは数百円から、高いものは何万円と価格もバラエティに富んでいて観るだけでも楽しくなってきます

ちなみにオルゴールは中世ヨーロッパにおけるルネサンス期に開発されたと伝えられています。18世紀末には、現在のオルゴールの原型が完成。ハーモニーや音域、演奏時間、箱の形状や素材などが改良されていき、さまざまな種類のオルゴールが誕生しました。
ルタオ本店3階展望室から見渡したメルヘン交差点。小樽オルゴール堂は交差点左手にある建物
▲ルタオ本店3階展望室から見渡したメルヘン交差点。小樽オルゴール堂は交差点左手にある建物

「小樽オルゴール堂」の店内を歩いていると、それぞれのオルゴールが個性的で驚かされます。陶器でできたオルゴール、ぬいぐるみ型のかわいいオルゴール、色が変化するライトドームオルゴール、アンティーク風のオルゴール・・象眼細工宝石箱やアンチモニー宝石箱オルゴールもあります

デザインもさまざまで、音だけではなく、その形状の芸術性の高さも見ごたえがあります。変わり種としては、イカやシャコなど小樽の人気すしネタを模した「すしオルゴール」などもあります。

「小樽オルゴール堂」は買い物をするのはもちろんのこと、歩いているだけでも楽しめるスポットだと感じました。

なお小樽オルゴール堂本館から徒歩圏内には、2号館のアンティークミュージアムや、入船地区にはオルゴール製作体験をできる手作り専門店遊工房といった姉妹施設もあります。

小樽オルゴール堂本館 DATA
(営業時間)9〜18時(7〜8月の金・土曜、祝前日は〜19時)
(交通)
鉄道:JR南小樽駅から徒歩5分/JR小樽駅から徒歩23分
車 札樽道小樽ICから4km
(駐車場) なし
(料金)入場無料
(休み)無休
(宿泊)

小樽でレトロな雰囲気のホテルといえば 大正12年に北海道拓殖銀行として造られたホテル ヴィブラント オタル(旧:ホテル1−2−3小樽)などがおススメ。小樽運河に近い旧ウォールに立っています
(地図):小樽オルゴール堂(本館)の場所

大きな地図で見る
(住所)北海道小樽市住吉町4-1 年間累計300万個販売!TVやメディアで紹介の【LeTAO】のチーズケーキ

北海道は広大な面積を誇り、海、山、湿原がつくりだす壮大なスケールの自然とであえる地。春〜秋は季節の花々に彩られ、涼しく心地の良い夏と秋が過ぎれば、冬はしっとりし た雪景色が広がります。北海道の夜景はナトリウム灯がともるあたたかみがある光が特徴。藻岩山やJRタワー展望室T38などからは190万人近くが暮らす札幌の夜景を一望できるほか、函館山からは日本三大夜景の函館の夜景を、港町の小樽では運河に映し出される情緒ある夜景を楽しむことができます。また、札幌市内で開催される札幌雪まつりや千歳市の支笏湖畔で催される ひょうとう祭りなど冬季のライトアップイベントも人気を集めています。豊かな自然と独自の文化に彩られた大地。北海道にはやさしくゆったりした時間が流れています
スポンサーリンク

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
北海道の施設ランキング (楽天トラベル)
スポンサーリンク

北海道最大の空港は北海道千歳市にある「新千歳空港」で年間1800万人近い乗客が利用しています。新千歳空港から札幌や小樽へは快速エアポートや高速バスが運行しています。
サイト内検索
Custom Search
北海道の大地は癒しとロマンを与えてくれます (PR)【日本旅行】 大人気!北海道の宿泊プラン!
カテゴリー
プロフィール
いのうえはるお(Inoue Haruo)
文と写真) 井上晴雄

【略歴】ライター、画家として活動中。観光関連の出版物での連載や寄稿、個展開催など。夜景観賞士検定1級、旅行作家の会会員  【ライター実績】「大人の遠足」(JTB)「癒しの湯治宿」(山と渓谷社)「まっぷる」(昭文社)「旅の雫」(交通新聞社)ほか多数

(関連サイト)
最近の記事
タグクラウド
お台場アイハウス
ルタオのチーズケーキ
チーズケーキ「ドゥーブル・フロマージュ」は小樽に本店を構える「ルタオ(letao 小樽洋菓子舗ルタオ)の看板商品。

ドゥーブル・フロマージュ

北海道産の牛乳を使用したベイクドクリームチーズと、マスカルポーネのレアチーズの2層構造。お取り寄せだけで年間売り上げは310万個以上を誇り、北海道物産展ではすぐに売り切れてしまうほどの人気のチーズケーキです。

>>チーズケーキの通販、お取り寄せならLeTAO(ルタオ)

Copyright © 北海道の夜景をゆっくり味わう旅|千歳、札幌、小樽、室蘭ほか(文と写真)井上晴雄 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます