IMG_7186-thumbnail2.jpg
JR北海道は2018年以降、札幌市内の遊休地を活用した分譲マンションの建設を検討していることを発表しました。
スポンサーリンク

 JR北海道はこれまでにも、鉄道業に加え札幌市内を中心にした沿線開発にも取り組んできました。

その一環として、今回のマンション建設の構想が進められる予定。

JR北海道は、沿線にマンション建設を進めることによって居住者を増やし、本業である鉄道業においても乗客数の増加を見込んでいるそうです。

なかなか新しく斬新な試みだといえます。

 ちなみにJR北海道の分譲マンション建設の候補地として挙がっているのは、2018年に駅舎が移転予定となっているJR苗穂駅がある土地。
スポンサーリンク

JR苗穂駅はJR函館本線の駅で、札幌駅からひと駅目。

苗穂駅の周辺には、サッポロビール博物館やアリオ札幌といった施設点在する繁華街で、もし実現したら人気を呼びそうな予感。

(地図)

JR北海道の分譲マンション建設構想の候補地に挙がっている苗穂駅(なえぼえき)の場所