スポンサーリンク

北海道への交通(フェリー)のカテゴリ記事一覧

札幌、小樽、函館、千歳、旭川、室蘭・・北海道は味覚や広大なる風景に彩られた魅力の宝庫
スポンサーリンク
北海道は広大な自然が何よりの魅力だと思います。ジャガイモ畑や豆畑が見渡す限りに広がっていたり、牧草地に牛や馬がのんびり草を食んでいたり、清流に鮭が遡上していたり・・ダイナミックな風景があちこちに展開します。ライラック、ハマナスの花ほか四季折々お花々や、さっぽろ雪まつり、千歳氷曝祭など冬のイベントも旅人を楽しませてくれることでしょう。お菓子ではLeTAOのドゥーブルフロマージュ、白い恋人ほか北海道発祥のスウィーツとの出会いも楽しみのひとつ。そういった出会いは北海道を流れるゆったりした時間の流れがより味わい深いものに演出してくれることでしょう。
  • ホーム
  • »
  • 北海道への交通(フェリー)

カテゴリ:北海道への交通(フェリー)

北海道への交通(フェリー)のカテゴリ記事一覧。札幌・小樽・室蘭・苫小牧・千歳・函館など北海道のおすすめの夜景、ひょうとう祭り、ルタオスウィーツほか北海道土産、交通(パシフィックストーリー、快速エアポート、新千歳空港ほか)をライターの井上晴雄が、文と写真で綴ります
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (20).JPG▲..

北海道への交通(フェリー)
▲「パシフィックストーリー」で利用する大洗〜苫小牧(北海道 苫小牧市)を結ぶ商船三井フェリー「さんふらわ号」「東京から札幌(北海道 札幌市)へ安く行ける方法は…

記事を読む

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (5).JPG▲..

北海道への交通(フェリー)
▲パシフィックストーリーで東京〜水戸は「高速みと号」で移動 (東京駅八重洲口にて)北海道は日本列島の最北端に位置し、どうしても遠くて旅費がかかるというイメージ…

記事を読む

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京→札幌)乗船レポートA(後半)(大洗フェリーターミナル〜札幌)

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (20).JPG
▲「パシフィックストーリー」で利用する大洗〜苫小牧(北海道 苫小牧市)を結ぶ商船三井フェリー「さんふらわ号」

「東京から札幌(北海道 札幌市)へ安く行ける方法はないかな?」そんなことを考え、高速バスとフェリーを組み合わせた乗り継ぎきっぷ、商船三井フェリー「パシフィック・ストーリー」(東京→札幌 片道9900円〜)を活用してみることにした私は、東京駅から茨城県の大洗フェリーターミナルまで移動してきました。

前回の記事「商船三井フェリー・パシフィックストーリー 乗船レポート@(前半)(東京駅〜大洗フェリーターミナル)」はこちら

大洗フェリーターミナルに到着した時刻は17:40頃。フェリーターミナル1階の受付で乗船名簿を記入し窓口で、パシフィックストーリーで札幌(北海道 札幌市)まで行くことを伝えました。

すると「ご利用ありがとうございます。乗船開始となりましたら、2階へお進みください」と「パシフィックストーリー」の「大洗→苫小牧」のきっぷと乗船券と引き換えてくれました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (58).JPG
▲白い船体に太陽のマークが印象的な 苫小牧(北海道 苫小牧市)行の商船三井フェリー「さんふらわあ号」

商船三井フェリーの苫小牧(北海道 苫小牧市)行のフェリーは18:30分に出港です。しばらく時間があったので外に出てみると、大型のフェリーが波止場に停泊しているのが見えました。今から乗船する三井商船フェリーの「さんふらわあ号」です。全長192m、13654トン、定員632名の大型フェリー。船は、太陽のマークが印象的です。。今から乗船する船です。いよいよ北海道に向けての船旅がはじまります。

「ただ今より苫小牧行のフェリー「さんふらわあ」の乗船開始となります」アナウンスが流れるとともに、2階へ乗客たちがぞろぞろ進んでいきました。私も順路に従って歩いていきました。船の入り口で乗船券のチェックがあり、いよいよ商船三井フェリー「さんふらわあ」の船内へ。「さんふらわあ号」のエントランスはやわらかい雰囲気の色調でまとめられている空間でした。案内カウンターの横には売店もありました。船内の壁の随所には絵画が飾られていて、しばし心和ませてくれます。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (37).JPG
▲北海道 苫小牧行 商船三井フェリーの一階エントランス。売店も併設

エントランスで船内スタッフに乗船券を見せると「エコノミールームですね 階段を上がられて左手の船室になります。」と案内してくれました。案内された船室に入ると、そこは広々とした大広間。枕・毛布・シーツがずらりと並んでいました。商船三井フェリー「パシフィックストーリー」はいわゆる二等室に相当するエコノミールームに設定されていて座席も指定です。乗船券に印字されている座席番号と枕元に表示されている番号を照らし合わせて、自分の座席を探しました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (23).JPG
▲北海道 苫小牧行 商船三井フェリー「さんふらわあ号」のエコノミールーム。「パシフィックストーリー」はエコノミールームに設定

なお、「パシフィックストーリー」はそのまま購入すると、エコノミールームに自動的に設定されていますが、それよりもグレードの高い船室に変更したい場合、差額の支払いにより変更可能です たとえばカジュアルルームは+3000円〜、デラックスルームは+13000円〜といった具合にパシフィックストーリーの購入額との差額が設定されています(※参照 商船三井フェリーHP)。なお、女性の方は、女性専用のレディースルーム(8名定員)もあります。レディースルームの設定はカジュアルルームになります。船室の等級変更する場合、電話予約の段階で商船三井フェリーに連絡しておくということになります(差額の支払いは大洗フェリーターミナルの窓口にて)なお、船が大洗港を出発した後でも、空席がある場合に限り、等級変更は1階受付カウンターにて等級変更を承っているとのことです。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (33).JPG
▲しっとりとした埠頭の明かりが心を癒してくれる大洗港の夜景

ともしているうちに、定刻の18:30になり汽笛が港にこだまし、商船三井フェリー「さんふらわあ号」は北海道 苫小牧に向けて静かに動き始めました。甲板にでると、大洗港がゆっくり遠ざかりはじめていました。あたりは黄昏に包まれ、大洗の夜景がうす暗がりのなかに潤んでいます。甲板に潮風が吹き抜け、街明かりと海面に映し出される光がうす霧のなかに消えていきました。なんとも心地よく、美しいひとときでした。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (34).JPG
▲商船三井フェリー「さんふらわあ号」甲板にて。大洗の夜景が遠ざかっていくひととき

北海道 苫小牧へ向かう商船三井フェリー「さんふらわあ」号の船内を探検してみました「さんふらわあ号」3階には、展望ラウンジがありました。展望ラウンジには、窓の方向を向いたリクライニングの座席が窓際にずらり。中央には数人が腰掛けられる木の机・椅子が並んでいて、家族連れやトラックドライバーたちが楽しそうに談笑したり、テレビを観賞していました。和やかなムードです。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (26).JPG
▲海を眺めながらくつろげる、北海道 苫小牧行 商船三井フェリー「さんふらわあ号」の展望ラウンジ

北海道 苫小牧へ向かう商船三井フェリー「さんふらわあ号」の2階におりるとサウナがついた展望浴室がありました。入浴時間は乗船〜22時と翌朝6:30〜到着まで。利用は無料です。なお、リンスインシャンプー・ボディソープは備え付けてありますが、タオルのレンタルはしていないので、持参しておいたほうがよいでしょう。静かに過ぎていく海を窓外に眺めながら、ゆっくり身体をあたためリフレッシュすることができそうです。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (44).JPG
▲海を眺望しながらリフレッシュできる、北海道 苫小牧行 商船三井フェリー「さんふらわあ号」の展望浴室

さんふらわあ号の最上階はレストランになっていました。北海道 苫小牧行 商船三井フェリー「さんふらわあ号」の食事はバイキングスタイルです。夕食は海山の幸を取り入れた「季節メニュー」のほか、サラダとデザートのバイキングメニュー(18〜19時/大人1800円、小学生1000円)船旅のはじまりのひとときを楽しめそうです。朝食は和洋のバイキング(7:30〜9:00/大人1000円、小学生800円)、昼食は3種類のカレーと2種類のスパゲティのバイキングとなります(12:00〜13:00/大人・小学生800円) 
旬の素材をつかった商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→苫小牧)の朝食バイキング.jpg
▲旬の素材をつかった、商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→ 北海道 苫小牧)の朝食バイキング

なお、「さんふらわあ号」の食事は、「2食セット券」の購入で割引料金で楽しむことができます。「2食セット券」は2パターンあり、@「夕食+(朝食または昼食)」が大人2300円、小学生1600円 A「朝食+昼食」が大人1500円、小学生1100円になっています。たとえば、「2食セット券 夕食+朝食」(2300円)を購入した場合、個々に購入した料金(夕食1800円+朝食が1000円=計2800円)よりも、500円お得ということになります。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (49).JPG
▲商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→北海道 苫小牧)最上階にある展望レストラン

なお、食事をレストランで摂らない方は、乗船前にあらかじめ弁当などを購入しておいてフェリーに持ち込んで食べるということになります。あるいは1階エントランスにある売店で、パンやカップラーメンを販売しています。カップラーメンの調理は、船内の給湯室を利用してお湯を入れることができます。ちなみに売店では、「さんふらわあ号」に関するグッズも販売しています
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (40).JPG
▲商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→北海道 苫小牧)1階エントランス横にある売店

・さんふらわあ号のプラモデル <楽天市場>
>>【マイクロエース 1/500 さんふらわあ プラモデル】マイクロエース 1/500 さんふらわあ8 ブルー... 

商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→北海道 苫小牧)の船内には、ほかにもさまざまな設備があります。ゲームコーナー、喫煙ルーム、キッズルーム パソコンコーナー ロッカールーム(コイン返却式)、喫茶コーナー、マリンシアターほか。
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (38).JPG
▲商船三井フェリー「さんふらわあ号」の船内にはパソコンコーナーも

たとえばキッズランドは、広々としたカーペット敷きの空間で子供たちが絵本を読んだり、おもちゃで遊ぶことができるようになっていました。
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (28).JPG
▲商船三井フェリー「さんふらわあ号」(大洗→北海道 苫小牧)内にある子供が遊べるスペース「キッズルーム」

また、マリンシアターもなかなかの人気でした。夜の20時〜と翌朝9時〜エントランス横にあるミニシアターで映画の上映が行われるのです。当日は「猿の惑星 創世記ジェネシス」を上映していて(※毎回上映映画は変わります)、たくさんの乗客が観賞していました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (24).JPG
▲20:00〜、翌朝9:00〜、話題の映画が上映される「マリンシアター」

夜間は窓外の景色も変化に乏しくなにかと退屈になりがちな船旅において、良いアイデアだと感じました。
>> 【特価DVD】猿の惑星 創世記 ジェネシス 〔DVD+ブルーレイ〕

翌日、甲板に出ると、うっすらと陸地が霞んで見えていました。船の案内板によると八戸沖を通過しているとのこと。ただ、当日の天気は曇りで、はっきり見えませんでしたが、天気の良い日なら、早朝には朝陽が昇り、本州最東端にある岬「とどヶ崎」(岩手県宮古市)や本州最北端の「尻屋崎灯台(青森県下北郡)」なども見えるそうです。また、海上にイルカやトビウオなどの海の生き物も目にできることもあるのだとか。

船内でのんびり過ごしていると、あっという間に昼を過ぎていました。20時間におよぶ船旅も長いようで短いものです。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (52).JPG
▲大洗港を出港して19時間後、苫小牧(北海道 苫小牧市)のまちなみが見えてくる

「本船は間もなく苫小牧港に入港いたします」アナウンスがあり 甲板に出ると、前方に苫小牧(北海道 苫小牧市)の街なみが広がっていました。「いよいよ北海道にやってきたんだなあ」そんな実感を覚えました
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (53).JPG
▲フェリーは苫小牧港に近づいていく(北海道 苫小牧市)

フェリーは予定通り苫小牧港(北海道 苫小牧市)に13:30分に着岸。船を出て順路に従って出口へ向かうと、バスターミナルに、北海道中央バスの高速バス「高速とまこまい号」が停車していました それが「パシフィックストーリー」で最後に使う交通機関、札幌行の高速バスです。
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (60).JPG
▲「パシフィックストーリー」もいよいよ最終章。北海道中央交通 札幌(北海道 札幌市)行の高速バス

苫小牧港を高速バス「高速とまこまい号」は13:57に出発。道央自動車道を通り、札幌南ICから札幌市街地に入り、15:45に札幌バスターミナル(北海道 札幌市)に到着となりました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (61).JPG
▲苫小牧港(北海道 苫小牧市)ー札幌(北海道 札幌市)を結ぶ「高速とまこまい号」は4列リクライニングシート

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」で東京ー札幌(北海道 札幌市)まで旅をしてみて感じたことは、バスの乗り換えなど、やや分かりにくい部分があったものの、とても印象に残る1泊2日の旅を楽しめたということです。現代社会はスピードや効率の良さが求められ、無駄のない時間の使い方が求められる時代になりました。しかし、ふと気付いたとき、どこかしら疲れてしまうこともあります。一方 商船三井フェリー「パシフィックストーリー」で東京から札幌(北海道 札幌市)まで向かうのは、それと逆行する手段で時間もかかりますし、一見すると非効率にに思えます。しかし、それがまた魅力的に映ったのです。船に揺られ空や海の移ろいを観たり、ゆっくり人々と語らったり、船のなかを探検したり・・。うまく表現できませんが、自身で旅の楽しみを発掘しようとしていた子供の頃の気持ちを、この船旅では久しぶりに思い出させてくれた気がしました。
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (22).JPG
▲大洗港(茨城県)ー苫小牧港(北海道)を約19時間かけて航行する、三井商船フェリー「さんふらわあ号」

商船三井フェリー連絡きっぷパシフィックストーリー」> 

<パシフィックストーリー 電話予約>
・商船三井フェリー大洗船客予約センター:029-267-4133 
・商船三井フェリー苫小牧船客予約センター:0144-34-3121
・フリーコール 0120-489850 (携帯・PHS・IP電話等は上記の電話番号を利用)
(営業時間:平日9:00〜18:00 土曜9:00〜12:00 日祝日は定休日)

(電話の注意点)
※パシフィック・ストーリー予約の旨を伝えること。
※船室は上級等へランクアップの場合、希望の等級を伝えること(等級差額運賃は乗船当日窓口での支払い)参照:商船三井フェリー

<パシフィックストーリー」の購入場所>(東京→札幌(北海道 札幌市)の場合)
 ジェイアールバス関東株式会社   (電話) 03-3844-1950

・東京駅ハイウェイバス窓口 (10:00〜22:00)
・新宿駅ハイウェイバス窓口 (6:00〜24:00)

<パシフィックストーリーの販売時間」 
2ヵ月前〜出発15分前

<パシフィックストーリーの値段>(東京→札幌の片道)

A期間 大人9,900円 子供4,950円
B期間 大人9,900円 子供4,950円
C期間 大人11,900円 子供5,950円
D期間 大人15,900円 子供7,950円
※A〜D期間の詳細な日程は商船三井フェリーHPを参照
(宿泊)
>>札幌市内のホテル 一覧 <楽天トラベル>
>>苫小牧市のホテル 一覧<楽天トラベル>


(地図)

大きな地図で見る
札幌(北海道 札幌市)ー苫小牧(北海道 苫小牧市)を結ぶ高速バス「高速とまこまい号」が発着する「札幌駅前バスターミナル」の場所 年間累計300万個販売!TVやメディアで紹介の【LeTAO】のチーズケーキ

北海道は広大な面積を誇り、海、山、湿原がつくりだす壮大なスケールの自然とであえる地。春〜秋は季節の花々に彩られ、涼しく心地の良い夏と秋が過ぎれば、冬はしっとりし た雪景色が広がります。北海道の夜景はナトリウム灯がともるあたたかみがある光が特徴。藻岩山やJRタワー展望室T38などからは190万人近くが暮らす札幌の夜景を一望できるほか、函館山からは日本三大夜景の函館の夜景を、港町の小樽では運河に映し出される情緒ある夜景を楽しむことができます。また、札幌市内で開催される札幌雪まつりや千歳市の支笏湖畔で催される ひょうとう祭りなど冬季のライトアップイベントも人気を集めています。豊かな自然と独自の文化に彩られた大地。北海道にはやさしくゆったりした時間が流れています
スポンサーリンク

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京→札幌)乗船レポート@(前半)(東京駅〜大洗フェリーターミナル)

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (5).JPG
▲パシフィックストーリーで東京〜水戸は「高速みと号」で移動 (東京駅八重洲口にて)

北海道は日本列島の最北端に位置し、どうしても遠くて旅費がかかるというイメージがありがちかもしれません。

「東京から札幌(北海道 札幌市)へのんびり安く行ける方法はないだろうか?」そんな旅費を抑えた旅を楽したいなと考えていたとき、高速バスとフェリーを組み合わせた乗り継ぎきっぷ、商船三井フェリーパシフィックストーリー」(東京→札幌 片道9900円〜)を活用する方法があるのを知りました。商船三井フェリー「パシフィックストーリー」を利用した場合、行程はこのような感じになります。東京駅を高速バスで出発し、水戸駅で路線バスに乗り継ぎ大洗フェリーターミナルへ。夕方に出港するフェリーに乗って船内で1泊。ゆっくりくつろいで翌日昼過ぎには北海道・苫小牧フェリーターミナルに到着。高速バスに乗り換えて2時間ほどで札幌。

今回、東京から札幌(北海道 札幌市)まで、商船三井フェリーの「パシフィックストーリー」をつかって実際に移動してみました。
▼商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京⇔札幌)の広告
IMG_8368.JPG

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」を購入するにはまず、商船三井フェリーの予約センターに電話で予約をするというところから始まります。電話では名前や乗船日などを聞かれ 必要事項を答えると予約番号が伝えられるという感じです。その予約番号を控えておき きっぷは、「東京駅ハイウェイバス窓口」または「新宿駅ハイウェイバス窓口」で購入するということになります(東京から北海道に向かう場合)。なお、パシフィックストーリーのフェリー船室はエコノミー(二等室)に設定されているのですが、もし個室など上級(デラックスルーム等)へランクアップを希望する場合、その旨も電話予約の段階で伝えておきます。(フェリー船室のランクアップは、商船三井フェリーHPを参照)
三井商船フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (2).JPG
▲東京駅八重洲口にある「JRバス関東高速バス切符売り場」の窓口

電話で予約をした翌日、東京駅八重洲口にある「JRバス関東高速バス切符売り場」の窓口に行きました。東京駅八重洲口を出ると、高速バスが次々と出発しているエリアがあり、「JRバス関東高速バス切符売り場窓口」の場所はすぐに分かりました。窓口で、商船三井フェリー「パシフィックストーリー」で札幌(北海道 札幌市)まで行きたいという旨を伝えると、予約番号を聞かれ答えると、パソコンで「パシフィックストーリー」をすぐに発券してくれました。商船三井フェリーの「パシフィックストーリー」の金額は時期により9900円、11900円、14900円の3種類があり、当日は11900円での購入でした。

▼東京から札幌(北海道 札幌市)までの交通機関のきっぷが一枚になった「パシフィックストーリー」
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (3).JPG

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」は1枚の紙になっていて、ミシン目でひとつづつ切り離してつかって使っていくスタイルです。たとえば、「大洗→苫小牧(北海道 苫小牧市)」はフェリーに乗るのですが、その際には乗船窓口で、ミシン目で該当部分のきっぷをもぎってスタッフに渡し、乗船券と引き換えてもらうという段取りです。高速バス「東京→水戸」に乗るときは、バスを降りるときに、その部分のきっぷをもぎって精算箱に入れるということになります。

商船三井フェリー「パシフィックストーリー」で東京から札幌(北海道 札幌市)に向かう場合、まずは東京駅から水戸駅(北口)に向けて高速バスに乗って移動ということになります。水戸方面へ向かう高速バスは東京駅八重洲口から出ており、「JRバス関東高速バス切符売り場」のまさに目と鼻の先に停留所があります。本数も約20分おきと多めで安心です(ラッシュ時は約10分間隔)。東京から水戸方面へのバスは、「高速みと号」が運行しています。「高速みと号」は、JRバス関東・茨城交通・関東鉄道が共同運行しているバスで、「JR関東」「茨城交通」「関東鉄道」といった風に、それぞれの会社名が車体に書かれたいろいろな色のバスがきますが、どれに乗車してもOKです。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (1).JPG
▲「高速みと号」は、JRバス関東・茨城交通・関東鉄道による共同運行

なお、「高速みと号」は、水戸駅南口が終点ですが、水戸駅から方面に向かう路線バスは水戸駅「北口」から乗ることになるので、水戸駅「北口」を経由する高速バスに乗車するほうが少しだけ移動が楽になります(水戸駅の南口で下車してもよいのですがその場合は、水戸駅の構内を3分ほど歩いて北口に移動することになります)
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (6).JPG
▲「高速みと号」の車内 四列リクライニングシートでらくらく

「高速みと号」が来たので、早速、乗ってみました。バスは4列リクライニングシート。座席は全席自由席です。数人のサラリーマンが乗車していました。バスは東京駅(八重洲口)→水戸駅(北口)までの所要時間は1時間53分です。常磐道を経由し水戸方面にひた走っていきます。途中、車窓には隅田川の流れや東京スカイツリーが見え、旅情が高まります。土浦市、石岡市、東茨城郡と北上するにつれ、車窓には緑が多くなり田んぼが連なる風景も見えました。ともしているうちにバスはICを降りて、水戸市内に入っていきました。しばらくすると「水戸駅北口」に到着するアナウンスが流れました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (12).JPG
▲大洗方面への路線バスが発着しているJR水戸駅(北口)

下車したバス停「水戸駅北口」は水戸駅から50mほど離れた車道脇にあり、駅が視界に入っておらず一瞬戸惑ったものの緩やかな坂を車道に沿って歩いて行くとすぐ水戸駅が見えました。そこから向かうべきバス停は、水戸駅(北口)「3番」乗り場です。そこから大洗方面へのバス(50系統)が出発しているのです ただ、バス時刻表を見て少々困ったのは、50系統のバスのなかで、「大洗フェリーターミナル」を経由するバスの本数が極端に少ないと分かったことです。具体的には、大洗港18:30発のフェリーに乗ることを考えると、「大洗フェリーターミナル」を経由する便は、以下の2本しかバスがないのです

「水戸駅北口(3番乗り場) 路線バス50系統※大洗フェリーターミナル経由」(2013年現在)
・水戸駅(北口)16:14→大洗港16:40 アクアワールド大洗行
・水戸駅(北口)16:32→大洗港16:58 那珂湊駅行

IMG_8456.JPG
▲さまざまな行き先へのバスが発着するJR水戸駅(北口)

水戸駅に着いたのは13時すぎだったゆえ3時間ほど水戸駅で時間待ちをするということになりました 水戸駅構内にはファーストフード店や喫茶店ほかいろいろあり時間をつぶすのには困らないですが、東京の観光に時間を使うか、水戸駅での過ごし方をあらかじめ考えておいたほうが良かったかなと思いました。あるいは、三井商船「パシフィックストーリー」の有効期間は2日間なので、その日は水戸の観光を楽しんで翌日夕方に北海道に向けて出発という時間の使い方もできそうです。
>>水戸駅周辺のホテル (楽天トラベル)
ちなみに、商船三井フェリーのHPによると、東京駅→水戸駅の高速バスは「週末などは該当便の混雑や道路渋滞が予想されますので、13:10発までの便をご利用されることをおすすめいたします」という記載があるので、13:10発を目安に東京駅から高速バスに乗車するのがベストなのかもしれません

なお、上記の二便に乗らず、大洗フェリーターミナルに早く着いておきたい場合、10分ほど歩きますが、フェリーターミナルに行く手段はあります。というのは 同じく水戸駅北口(3番乗り場)50系統のバスで、大洗フェリーターミナルに近い「大洗派出所入口」停までは1時間に1本ほどバスが出ているのです。「大洗派出所入口」停から徒歩約10分(約700m)で大洗フェリーターミナルに行くことができます。

「大洗派出所入口」停に停車する茨城交通のバス時刻表は以下となります(上記2本の便も時刻表に含まれています) 那珂湊駅行 (一部アクアワールド大洗行/水戸駅北口→大洗派出所入り口停の所要時間は24分)
茨城交通バス時刻表(水戸駅北口3番乗り場 50系統)

 
3時間ほど待った16:14、水戸駅(北口)3番乗り場に「アクアワールド大洗行」(大洗フェリーターミナル経由)の路線バスが入ってきました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (13).JPG
▲16:14、水戸駅(北口)発「アクアワールド大洗行」(大洗フェリーターミナル経由)の路線バス

フェリーに乗船するお客のほか、通学の学生や買い物帰りの主婦なども次々と乗りこんでいきます。バスは水戸の市街地を進み、田畑の風景を時折車窓に映しながら、大洗に入っていきます。コンテナが並ぶ風景やカモメが空を旋回する光景が見えはじめたかと思うと「大洗フェリーターミナル」を示す案内板があり、何人かの乗客が下車する準備をはじめました 
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (14).JPG
▲水戸駅(北口)発「アクアワールド大洗行」(大洗フェリーターミナル経由)の路線バスの車内

16:40、大洗フェリーターミナルに茨城交通の路線バスは到着。バスを降りると、すぐ目の前に、商船三井フェリーの乗船券売り場のある建物がありました。
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (15).JPG
▲大洗フェリーターミナル
1階の受付で乗船名簿を記入し、窓口でパシフィックストーリーのなかで「大洗→苫小牧」のきっぷをもぎって渡すと、乗船券と引き換えてくれました
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (16).JPG
▲乗船名簿を記入しパシフィックストーリーの乗船きっぷと、乗船券を引き換え

ふと見ると、苫小牧(北海道 苫小牧市)行のフェリーが波止場に停泊しているのが見えました。船は、太陽のマークが印象的な「さんふらわあ」。全長192m、13654トンの大型フェリーです。大洗〜苫小牧間を約18〜20時間で運航、いよいよ北海道に向けての船旅がはじまります
商船三井フェリー「パシフィックストーリー」(東京ー大洗ー苫小牧ー札幌)北海道 (20).JPG
▲大洗港と苫小牧(北海道 苫小牧市)を結ぶフェリー「さんふらわあ号」

後半へつづく(商船三井フェリー「パシフィックストーリー」乗船レポートA(後半)(大洗港〜札幌)

商船三井フェリー連絡きっぷパシフィックストーリー」> 

<「パシフィックストーリー」電話予約>

・商船三井フェリー大洗船客予約センター:029-267-4133 
・商船三井フェリー苫小牧船客予約センター:0144-34-3121
・フリーコール 0120-489850 (携帯・PHS・IP電話等は上記の電話番号を利用)
(営業時間:平日9:00〜18:00 土曜9:00〜12:00 日祝日は定休日)

※パシフィック・ストーリー予約の旨を伝えること。
※船室は上級等へランクアップの場合、希望の等級を伝えること(等級差額運賃は乗船当日窓口での支払い)参照:三井商船フェリー

<「パシフィックストーリー」の購入場所>(東京→札幌/北海道の場合)
 ジェイアールバス関東株式会社   (電話) 03-3844-1950

・東京駅ハイウェイバス窓口 (10:00〜22:00)
・新宿駅ハイウェイバス窓口 (6:00〜24:00)

<パシフィックストーリーの値段>(東京→札幌(北海道 札幌市)の片道)

A期間 大人9,900円 子供4,950円
B期間 大人9,900円 子供4,950円
C期間 大人11,900円 子供5,950円
D期間 大人15,900円 子供7,950円
※A〜D期間の詳細な日程は商船三井フェリーHPを参照

<「パシフィックストーリー」の販売時間」 
2ヵ月前〜出発15分前


(地図)

大きな地図で見る

苫小牧港(北海道 苫小牧市)行のフェリーが発着している大洗港(大洗フェリーターミナル)
年間累計300万個販売!TVやメディアで紹介の【LeTAO】のチーズケーキ

北海道は広大な面積を誇り、海、山、湿原がつくりだす壮大なスケールの自然とであえる地。春〜秋は季節の花々に彩られ、涼しく心地の良い夏と秋が過ぎれば、冬はしっとりし た雪景色が広がります。北海道の夜景はナトリウム灯がともるあたたかみがある光が特徴。藻岩山やJRタワー展望室T38などからは190万人近くが暮らす札幌の夜景を一望できるほか、函館山からは日本三大夜景の函館の夜景を、港町の小樽では運河に映し出される情緒ある夜景を楽しむことができます。また、札幌市内で開催される札幌雪まつりや千歳市の支笏湖畔で催される ひょうとう祭りなど冬季のライトアップイベントも人気を集めています。豊かな自然と独自の文化に彩られた大地。北海道にはやさしくゆったりした時間が流れています
スポンサーリンク

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
楽天市場
サイト内検索
Custom Search
北海道の大地は癒しとロマンを与えてくれます
スポンサーリンク
北海道最大の空港は北海道千歳市にある「新千歳空港」で年間1800万人近い乗客が利用しています。新千歳空港から札幌や小樽へは快速エアポートや高速バスが運行しています。
スポンサーリンク

はじめに
当ブログでは北海道夜景の魅力はじめ、北海道の味覚、歴史的遺産、温泉宿、交通手段などを文と写真で紹介しています。皆様がより良い北海道旅行を楽しんでいただくためのひとつの情報源になればと思います。
プロフィール
いのうえはるお(Inoue Haruo)
文と写真) 井上晴雄

【略歴】ライター、画家として活動中。観光関連の出版物での連載や寄稿、個展開催など。夜景観賞士検定1級、旅行作家の会会員  【ライター実績】「大人の遠足」(JTB)「癒しの湯治宿」(山と渓谷社)「まっぷる」(昭文社)「旅の雫」(交通新聞社)ほか多数

(関連サイト)
最近の記事
タグクラウド
お台場アイハウス
カテゴリー
ルタオのチーズケーキ
チーズケーキ「ドゥーブル・フロマージュ」は小樽に本店を構える「ルタオ(letao 小樽洋菓子舗ルタオ)の看板商品。

ドゥーブル・フロマージュ

北海道産の牛乳を使用したベイクドクリームチーズと、マスカルポーネのレアチーズの2層構造。お取り寄せだけで年間売り上げは310万個以上を誇り、北海道物産展ではすぐに売り切れてしまうほどの人気のチーズケーキです。

>>チーズケーキの通販、お取り寄せならLeTAO(ルタオ)

Copyright © 北海道の夜景をゆっくり味わう旅|千歳、札幌、小樽、室蘭ほか(文と写真)井上晴雄 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。