小樽のグルメのカテゴリ記事一覧

はじめに
北海道の夜景スポットはじめ、北海道のグルメ、歴史的遺産、温泉宿、交通手段(鉄道、フェリーなど)ほかを文と写真で紹介。皆様がより良い北海道旅行を楽しんでいただくためのひとつの情報源になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


関連「井上晴雄 絵画作品〜日本の旅風景〜」

カテゴリ:小樽のグルメ

小樽のグルメのカテゴリ記事一覧。札幌・小樽・室蘭・苫小牧・千歳・函館など北海道のおすすめの夜景、ひょうとう祭り、ルタオスウィーツほか北海道土産、交通(パシフィックストーリー、快速エアポート、新千歳空港ほか)文と写真:井上晴雄
おたるワイン(北海道ワイン)/北海道 小樽市.JPG▲..

小樽のグルメ
▲北海道名物の「おたるワイン」(北海道ワイン)夏の寒暖差が大きく、適度の雨と好天に恵まれた気候の北海道は、ワイン用ブドウの栽培が盛んな地です。スポンサーリンク…

記事を読む

北菓楼「妖精の森」(北海道 小樽).JPG▲..

小樽のグルメ
▲北菓楼の小樽本店ではバームクーヘン「妖精の森」をいろいろなサイズで販売中 小樽運河、毛無山、天狗山ほか、夜景名所が多く点在する北海道 小樽市。スポンサーリン…

記事を読む

小樽のグルメ
 北海道開拓の玄関口として栄えた港町、小樽。北のウォール街とも呼ばれ、まちには明治時代や大正時代に建てられた建築物が点在しています。スポンサーリンク style…

記事を読む

小樽サブレ「マロンコロン」(あまとう/北海道 小樽市).JPG▲..

小樽のグルメ
▲老舗洋菓子店「あまとう」がつくる人気の 小樽サブレ「マロンコロン」小樽運河、天狗山、毛無山、メルヘン通りなど夜景がうつくしいまち小樽。小樽は、おいしいスウィ…

記事を読む

小樽の夜景が見える北海道ワイン(株)直営の「おたるワインギャラリー」(北海道 小樽市)

おたるワイン(北海道ワイン)/北海道 小樽市.JPG
▲北海道名物の「おたるワイン」(北海道ワイン)

夏の寒暖差が大きく、適度の雨と好天に恵まれた気候の北海道は、ワイン用ブドウの栽培が盛んな地です。
スポンサーリンク

北海道のワインブランドにもいろいろな種類がありますが、「北海道産のワイン」といえば、道内で生産高1位を誇る北海道ワイン株式会社がつくるおたるワインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

北海道ワイン株式会社で製造されるワインのブドウは、小樽から北東へ約100kmほどの距離にある浦臼町鶴沼地区に位置する自社農園「鶴沼ワイナリー」で栽培されたものです。

鶴沼ワイナリーの総面積は広大で約447haと日本最大級の規模を誇っています。

鶴沼ワイナリーでは、セイベル、ツヴァイゲルト・レーベをほかヨーロッパ系のワイン用ぶどうが20種近く栽培されています。

北海道ワイン株式会社は他にも余市町、仁木町、共和町などの約400軒の農家とも契約していて、おいしいワインづくりに欠かせない良質のワインブドウを常時確保しています。
スポンサーリンク

そんな北海道ワイン株式会社が製造するワインの数々の買い物を楽しめるスポットが、小樽の小高い山の中腹にあります。

おたるワインギャラリー」です。

おたるワインギャラリーの場所は、小樽の市街地から車で約20分、キロロに向かう国道393号線沿いです。
おたるワインギャラリー(北海道ワイン)/北海道 小樽市.JPG
おたるワインギャラリーでは、北海道ワイン株式会社が製造するおたるワインはじめ80種類近い国産100%生ワインとワイングッズほか取り扱っています。

店内は正にワイン尽くし。ワイン好きな方にとってはたまらないスポットだといえるでしょう。
おたるワイン(北海道ワイン)2/北海道 小樽市.JPG
▲おたるワインギャラリーの店内(北海道 小樽市)

なお、特筆すべきこととして、おたるワインギャラリーは、石狩湾や小樽市街地の夜景を眺められる高台にあること。

窓外に映し出されるうつくしい夜景をときどき目にしながら、おたるワインの買い物をしていると、夢のなかにいるようないい気分にひたれるかも。

北海道小樽市には、小樽運河、天狗山、毛無山などさまざまな夜景スポットが点在しています。

夜景を訪ねるドライブがてら、おたるワインギャラリーにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか
IMG_2304.JPG
▲小樽の夜景名所 小樽運河の夜景(北海道 小樽市)

おたるワインギャラリー DATA

交通 JR南小樽駅から車で国道393号を経由し約20分
大きな地図で見る
(住所) 北海道小樽市朝里川温泉1-130
(電話) 0134-34-2187
(営業時間) 9:00〜17:00
(休日) なし/冬季は日、祝、第2・4(土)
(駐車場) あり(20台)
(宿泊)小樽の観光に便利な小樽および近郊の宿一覧 (楽天トラベル)
(席数)20席
>>「おたるワイン」お取り寄せはこちら
 カテゴリ
 タグ

北菓楼の「バームクーヘン妖精の森」(北海道 小樽市)

北菓楼「妖精の森」(北海道 小樽).JPG
▲北菓楼の小樽本店ではバームクーヘン「妖精の森」をいろいろなサイズで販売中

 小樽運河毛無山天狗山ほか、夜景名所が多く点在する北海道 小樽市
スポンサーリンク





お菓子処である小樽にはおいしいスウィーツショップが点在しています。

そのなかに「しっとりとした絶品バームクーヘンがある」と聞き、小樽市内に足をのばしてみました。

それは、老舗洋菓子店、北菓楼きたかろう)がつくっているバームクーヘンです。

北菓楼の小樽本店は 堺町本通り沿い、メルヘン交差点の少し手前にありました。

北菓楼の小樽本店(北海道 小樽市).JPG
▲2003年小樽市の都市景観賞を受賞した 北菓楼本店の建物

レンガづくりの北菓楼の小樽本店に入ると、店内に修学旅行生や観光客たちでにぎわっていました。

店内のショーウインドウには、さまざまなバームクーヘンが華やかに積み上げられています。北菓楼のバームクーヘンといえば、そのなかでも人気のバームクーヘンは、バウムクーヘン「妖精の森」 です。

積み上げられるバームクーヘン「北菓楼の妖精の森」(北海道 小樽市).JPG
▲北菓楼の店内に積み上げられる人気のバームクーヘン「妖精の森」

北菓楼バウムクーヘン妖精の森」 を買って、さっそく食べてみました。

バームクーヘンを口のなかにいれると、さわやかな甘さが口のなかに広がっていきました。今まで食べたバームクーヘンでは味わったことがないおいしさです。

蜜がじゅわーっと口の中に広がっていく感じで、その上質の甘さにしばし至福のひとときを過ごすことができました。



北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」 は、素材に北海道のものこだわっています。
スポンサーリンク

たとえば卵は 長時間加熱しても風味がかわらない「北海道産」の卵。生クリームにはまろやかで濃厚な「北海道産」のミルク・・。そんな北の大地のうまみがつまっているのです

また、北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」驚かされるのは、なんといっても、そのしっとりとした食感です。

従来のバームクーヘンは、パサパサしているものですが、この北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」 はとにかくしっとりとしていて、蜜のあまさが詰まっているのです。

ちなみに「しっとりとした食感」の秘密は、手間暇かけた製法にあるのだそうです。

釜でじっくりと時間をかけて焼きあげているのですが 焼き上げるときは、樫の木の心棒に生地を巻いて、洋菓子職人が、焼き具合や厚みをつきっきりで確認しながら、釜の温度を調整しているのだとか。

小樽は、夜景とともに、おいしいスウィーツともであえるおしゃれな港町。この北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」 も思い出にのこった絶品スウィーツのひとつです。

北菓楼 DATA
(営業時間9〜18:30※冬季は閉店時間が、PM18:00
(休み)元日
(住所)北海道小樽市堺町7番22号
(TEL (0134)31-3464
(宿泊)小樽の観光に便利な小樽および近郊の宿一覧 (楽天トラベル)
(交通)JR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分

大きな地図で見る

▼北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」は、通販(楽天市場)でもお取り寄せできます

糠ニシンをつかった小樽の駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」

 駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」(北海道 小樽).JPG
北海道開拓の玄関口として栄えた港町、小樽北のウォール街とも呼ばれ、まちには明治時代や大正時代に建てられた建築物が点在しています。
スポンサーリンク

また、小樽は天狗山 小樽運河毛無山ほか、夜景スポットも多いまちでもあります。

そんな小樽北海道の郷土食である「糠ニシン」(ぬかにしん)をつかった昔ながらの駅弁が発売されたと聞き さっそく買いに行ってみました。

駅弁小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」は、JR小樽駅の改札口を出て左手にあるキオスク(北海道四季彩館小樽店)に売っていました

駅弁小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」は 昭和初期の食卓をイメージしてつくられた駅弁です。

「昭和」「復刻」という、どこかはかなくも懐かしいことばに魅かれました。当時の小樽駅周辺の風景をモチーフにした掛け紙が なんともいえない歴史感を感じさせてくれます

駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」のふたをあけてみました。すると、想像以上にシンプルなラインナップ。まさに「昭和の駅弁」という感じです。

駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」(北海道).JPG
▲駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」

さっそく駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」を味わってみました。うつくしい真っ白なごはんの上には大ぶりの梅干し。
スポンサーリンク

メインは、3分の1尾ほどある焼き魚です。この焼き魚は、糠ニシンぬかにしん)です。

糠ニシンとは、北海道の郷土食のひとつ。糠床(ぬかどこ)のなかに漬け込んだ、ニシンのことで、米ぬかに、しいたけ、昆布、唐辛子などを加えじっくりと寝かせてつくります

 糠につけることで、魚の旨みと香ばしさが凝縮され美味しくなるとされています。その糠ニシン しっかり焼かれていて香ばしさもあり美味でした。塩味もきいていて ごはんが進みました。

糠ニシン以外の海産物、ホタテ、えび、昆布巻きといった海の食材は、あっさりした味付け。ダシが食材にしみ込んでいてこちらもいい感じ。

ほかには、さといも、人参、しんたけ、インゲン、卵焼き、煮豆・・どれもシンプルながらそれぞれの食材の味わいを楽しむことができました。

昭和年代を感じさせる「おふくろの味」といった感じです。
小樽 夜景.JPG
▲「北のウォール街」と呼ばれた小樽の建築物

駅弁「小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」は驚くほどシンプルな駅弁です。ただ、それだけに、一品一品を丁寧に味わうことができる駅弁だとも思いました

 平成の世になり、ファーストフードや派手な味付けの料理が好まれる時代になりましたが、地元の食材や製法を最大限に生かし、健康にも配慮したこのような昭和を復刻した駅弁は、貴重な存在だとも思いました。

昭和の時代にタイムスリップしたような、そんななつかしい気持ちに包まれながら、札幌に向かう列車に乗り込みました。
IMG_2512.JPG
▲札幌に向かう普通列車(小樽駅にて)

駅弁小樽駅 復刻版 昭和の幕の内弁当」 DATA
(販売時間)7:00〜なくなり次第終了
(販売場所)小樽駅構内、
北海道四季彩館小樽店(キヨスク)数量限定
※小樽駅構内立売商会直営店「味彩」では予約販売のみ
(値段)ひとつ850円
(宿泊)小樽の観光に便利な小樽および近郊の宿一覧 (楽天トラベル)
(製造元) (株)小樽駅構内立売商会

昭和4年創業の老舗洋菓子店「あまとう」小樽サブレ「マロンコロン」

小樽サブレ「マロンコロン」(あまとう/北海道 小樽市).JPG
▲老舗洋菓子店「あまとう」がつくる人気の 小樽サブレ「マロンコロン」

小樽運河天狗山毛無山メルヘン通りなど夜景がうつくしいまち小樽。小樽は、おいしいスウィーツと出会えるまちでもあります
スポンサーリンク





小樽のスウィーツのなかで人気があるお菓子のひとつに、小樽サブレ「マロンコロン」があります

マロンコロン」は小樽の本店を構えている洋菓子店「あまとう」がつくっているお菓子です。

洋菓子店「あまとう」は昭和4年に開店した老舗で、焼き菓子、ケーキ、喫茶ルームで賞味できるクリームぜんざいほか、観光ガイドブックなどでもおなじみのお店です。
小樽サブレ「マロンコロン」(あまとう/北海道 小樽市).JPG
▲小樽サブレ「マロンコロン」の売り場

小樽駅の土産売り場でも、「マロンコロン」が販売されていました。コーナーにずらりと並ぶマロンコロンの数々。

カカオ、ウォナッツ、アーモンド、チーズほかいろいろな味があり、そのラインナップを眺めているだけでもおいしそうです

さっそく、マロンコロンを購入して一枚食べてみました。普通のクッキーと比べてずいぶん大きく 厚みがあります
小樽サブレ「マロンコロン」(あまとう/北海道 小樽市).JPG
▲小樽サブレ「マロンコロン」一個150円
スポンサーリンク

「バリバリ!」心地よいかみごたえ。クッキーには3枚のサブレが重なってはさまれています。

良いかみごたえとともに、バター、小麦、卵がつくりだすなんともいえない心地よい風味が 口のなかにふんわりと広がりました 

IMG_2788.JPG
▲小樽(北海道 小樽市)には「小樽運河」はじめ夜景スポットが豊富

マロンコロンはなかなかボリュームもあり、コーヒーや紅茶などにもあいそう。ティータイムにぴったりだと思いました。


マロンコロンは一枚一枚丹念に焼かれていて、その点も、小樽の古きよき時代をそのままの形で残しているようで、おいしさとともに、旅情が心のなかにひろがってきました。

洋菓子店あまとう本店  DATA
(住所)北海道小樽市稲穂2丁目16番18号 

(電話) 0134-22-3942 
(宿泊)小樽の観光に便利な小樽および近郊の宿一覧 (楽天トラベル)
 ■小樽サブレ「マロンコロン」 
1個        150円
4個(箱入り)   680円
10個(箱入り) 1600円
16個(箱入り) 2600円
20個(箱入り) 3200円
楽天市場
スポンサーリンク
カテゴリー
プロフィール
いのうえはるお(Inoue Haruo)
文と写真) 井上晴雄

【略歴】ライター、画家として活動中。観光関連の出版物での連載や寄稿、個展開催など。夜景観賞士検定1級、旅行作家の会会員  【ライター実績】「大人の遠足」(JTB)「癒しの湯治宿」(山と渓谷社)「まっぷる」(昭文社)「旅の雫」(交通新聞社)ほか多数

(関連サイト)
タグクラウド
最近の記事
サイト内検索
Custom Search
北海道の大地は癒しとロマンの宝庫
スポンサーリンク

スポンサーリンク
Copyright © 北海道の夜景やグルメを味わう鉄道の旅|千歳、札幌、小樽、室蘭ほか All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。