夜景に関する雑学のカテゴリ記事一覧

はじめに
北海道の夜景スポットはじめ、北海道のグルメ、歴史的遺産、温泉宿、交通手段(鉄道、フェリーなど)ほかを文と写真で紹介。皆様がより良い北海道旅行を楽しんでいただくためのひとつの情報源になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


関連「井上晴雄 絵画作品〜日本の旅風景〜」

カテゴリ:夜景に関する雑学

夜景に関する雑学のカテゴリ記事一覧。札幌・小樽・室蘭・苫小牧・千歳・函館など北海道のおすすめの夜景、ひょうとう祭り、ルタオスウィーツほか北海道土産、交通(パシフィックストーリー、快速エアポート、新千歳空港ほか)文と写真:井上晴雄
新幹線はやて(東京ー新青森) (2).JPG皆..

夜景に関する雑学
皆様は「北海道三大夜景(ほっかいどうさんだいやけい)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;hei…

記事を読む

画像 080.jpg▲..

夜景に関する雑学
▲函館山へのぼるロープウエイ誰が言いはじめたのか定かではありませんが、世間には「日本三大OO」といったものが数多く存在します。日本三景、日本三大祭、日本三大河川…

記事を読む

藻岩山からの札幌の夜景 (9).JPG ..

夜景に関する雑学
 夜景スポットを巡っていると、「夜景100選」という言葉を耳にするかもしれません。スポンサーリンクclass="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:336px…

記事を読む

夜景に関する雑学
 夜景を双眼鏡で眺めて楽しもうとしたとき、双眼鏡によって、見え方が全く違ってくるので注意が必要です。なかには、肉眼ではくっきり見える夜景も、双眼鏡で見ると、な…

記事を読む

北海道三大夜景とは

新幹線はやて(東京ー新青森) (2).JPG

皆様は「北海道三大夜景(ほっかいどうさんだいやけい)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
スポンサーリンク

「北海道三大夜景」とは、北海道を代表する3つの夜景スポットから眺望する夜景のことです。

その3つの夜景スポットとは「藻岩山(もいわやま)」、「函館山(はこだてやま)」、「天狗山(てんぐやま)」を指します。

 「北海道三大夜景」のうち、「藻岩山(もいわやま)」は札幌市内にそびえる山です。

札幌市電のロープウェイ入口駅から徒歩8分ほどの「もいわ山麓駅」からゴンドラと、もーりすカーを乗り継ぎ山頂へ。

標高531mの山頂展望台から、こんもりと茂る藻岩山原生林の向こうに広がる、札幌市内の夜景は、まるで宝石箱をひっくり返したようなうつくしさです。

碁盤の目状に広がる札幌市内の独特の光の列とオレンジ色にキラキラ光るまちあかりは、ダイナミックで心に心地よい感動を与えてくれます。

なお、藻岩山展望台の一角には恋が叶うという「幸せの鐘」もあり、「恋人の聖地」としてカップルに高い支持を得ている夜景スポットでもあります。
藻岩山からの札幌の夜景 (3).JPG
▲「北海道三大夜景」のひとつ「藻岩山(もいわやま)」からの札幌の夜景(北海道 札幌市)

» 

「日本三大夜景」とは?(函館の夜景・神戸の夜景・長崎の夜景)

画像 080.jpg
▲函館山へのぼるロープウエイ

誰が言いはじめたのか定かではありませんが、世間には「日本三大OO」といったものが数多く存在します。

日本三景、日本三大祭、日本三大河川、日本三大奇橋、日本三大松原、日本三大温泉・・ 思いついたものだけでも、数えきれないほどです 
スポンサーリンク

 さて、「夜景」というカテゴリーにもそういった「日本三大○○」のくくりがいくつか存在します。

そのなかで最も有名な「日本三大○○」といえば「日本三大夜景」でしょう。

「日本三大夜景」とは、その名のとおり、日本で最も美しいとされる夜景スポット3カ所を指します。

その三カ所の夜景とは、

「函館山から見る函館市の夜景」(北海道 函館市)
「摩耶山掬星台から見る神戸や大阪の夜景」(兵庫県 神戸市)
「稲佐山から見る長崎市の夜景」(長崎県 長崎市)

です。
スポンサーリンク

函館の夜景は 北海道の函館市にある函館山(標高334m)から望む夜景。海に挟まれて扇状形に広がる函館市街の夜景が美しいです。
画像 096.jpg
▲日本三大夜景のひとつ「函館山からの函館の夜景」

摩耶山掬星台は標高約700mから見渡した神戸と大阪、和歌山に及ぶ夜景。いわゆる1000万ドルの夜景と称されています。
神戸の夜景(掬星台).jpg
▲日本三大夜景のひとつ「摩耶山・掬星台からの夜景」

稲佐山からの長崎の夜景は、標高333mの山上から見渡した長崎市の夜景。長崎港の埠頭光やライトアップされた市内の建造物群が魅力的です、
8月一人旅(長崎夜景、島原鉄道3) 043.jpg
▲日本三大夜景のひとつ「稲佐山からの長崎の夜景」

 「日本三大夜景」というくくりは、もう数十年前から存在しているといわれています。

すっかり有名なくくりで、北海道や神戸の観光ガイドブックを買えば、必ずといってもいいほど、その特集ページが組まれているほど定着しています。

ただ、「日本三大夜景」を誰がいつ決めたのか、そしてどのような基準で決められたのかは、私の調べた範囲では定かになっていません。

 あくまでも私なりの推察ですが、眺望のきれいな人気観光スポットのなかで、たまたま夜景がきれいな場所が口コミで広がっていったということ。

20年前くらいまでは夜景のガイドブックなど世間に存在せず、旅行業界のなかで夜景が観光資源として評価されることもほとんどありませんでした。

ですから それまでは「ここの場所に行けば夜景がきれいらしいよ」といった個人の口コミ情報をもとに、人々は夜景スポットに訪れていました。

そのような時代、ロープウエイなどをつかって誰でもいける山上の観光スポットのなかで、たまたま夜景がきれいな場所についての口コミが優先的に広がっていったのではないでしょうか。

なお、日本三大夜景はすべて、山上から見下ろした海がある夜景です。

それは偶然かもしれません ただ日本人は、海と山という自然のなかに挟まれて広がるまちあかりに 戦後、経済を立て直しながらつくりあげたまちあかりに、特別な感情をいだいた面もあるような気がします。

「日本三大夜景」は上記のように、誰がどのように選定したのか定かではありません。ただ、興味深いアンケートをみつけました。

それは2012年、旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人トリップアドバイザーが発表した、「日本の夜景スポット トップ20」です。その集計によると、日本の夜景スポットベスト20の順位は以下のようになったそうです。

日本の夜景スポット トップ20

1位 「函館山からの夜景」(北海道 函館市)
2位 「稲佐山からの夜景」(長崎県 長崎市)
3位 「摩耶山からの夜景」 (兵庫県 神戸市)
4位 「藻岩山からの夜景」(北海道 札幌市)
5位 「六甲山からの夜景」(兵庫県 神戸市)
6位 「JRタワー展望室T38からの夜景」(北海道 札幌市)
7位 「レインボーブリッジの夜景」(東京都 港区)
8位 「皿倉山からの夜景」(福岡県 北九州市)
9位 「大さん橋からの夜景」(神奈川県 横浜市)
10位 「東京都庁舎からの夜景」(東京都 新宿区)
11位 「横浜ランドマークタワーからの夜景」(神奈川県 横浜市)
12位 「梅田スカイビル・空中庭園展望台からの夜景」 大阪府/大阪市
13位 「ほったらかし温泉 あっちの湯・こっちの湯からの夜景」 山梨県/山梨市
14位 「メリケンパークの夜景」(兵庫県 神戸市)
15位 「神戸ハーバーランドの夜景」(兵庫県 神戸市)
16位 「東京シティビューからの夜景」(東京都 港区)
17位 「東京タワーからの夜景」 (東京都 港区)
18位 「HEP FIVE観覧車からの夜景」(大阪府 大阪市)
19位 「眉山からの夜景」(徳島県 徳島市)
20位 「世界貿易センタービル展望台 シーサイド・トップからの夜景」(東京都 港区)
 ※参考 トリップアドバイザーまとめ

もちろん「日本三大夜景といわれているから行った」という人や評価した人も少なくないのでしょう 

ただ 星の数ほどある全国の夜景スポットのなかで、トップ3に「函館山」「稲佐山」「摩耶山」が「日本三夜景」のとおりに、1〜3位にランクインしたというのはとても興味深いデータだといえるかもしれません。

「日本三大夜景」ということばは何の根も葉もないくくりではなく、実際に人気夜景スポットとしての評価でも最上位にあることが示されたからです。ある意味、「日本三大夜景」が証明されたともいえるかもしれません。

「夜景100選」に認定されている札幌の夜景スポットは?

藻岩山からの札幌の夜景 (9).JPG

 夜景スポットを巡っていると、「夜景100選」という言葉を耳にするかもしれません。
スポンサーリンク

 そもそも「夜景100選」とは何なのかというと、夜景による認定ブランドのひとつで、夜景活動団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」によって選定された約100ヶ所の夜景名所のことです。

 「新日本三大夜景・夜景100選事務局」は、「夜景100選」の選定基準について以下の項目がかかげています。項目すべてを満たす夜景スポットが夜景100選に認定されているのです。

1訪れた人が感動するような夜景であること
2一定規模以上の観光地あるいは都市の近くにあること
3道程がある程度整備されていること
4展望施設として一般に開放されていること ( 宿泊施設・飲食店除く )

「夜景100選」のなかで、特にすぐれた夜景だということで、「新日本三大夜景」に認定されているのは、「笛吹川フルーツ公園」(山梨県)、「若草山」(奈良県)、皿倉山(福岡県)です。

「夜景100選」は全国各地にその認定スポットが散らばっています。北海道にもいくつかあり、札幌の夜景スポットのなかにも認定地が存在します。

 それは「藻岩山」(北海道札幌市南区)、JRタワー展望室 T38(北海道札幌市中央区)の二ヶ所の夜景スポットです。
スポンサーリンク

 藻岩山の山頂(標高531m)からは360度の視界で、星屑のような札幌の夜景を見渡すことができることで人気の夜景スポットです
藻岩山からの札幌の夜景 (3).JPG
▲「夜景100選」に認定されている「藻岩山」からの夜景(北海道 札幌市)

JRタワー展望室 T38は、JR札幌駅と直結する、JRタワーの最上階にある展望フロア。さっぽろテレビ塔を中心に広がる札幌の高層ビル群の夜景が見事です。
JRタワーT38(札幌の夜景) (4).JPG
▲「夜景100選」に認定されている「札幌タワー展望室T38」からの夜景(北海道 札幌市)

北海道ではほかに、函館山(北海道 函館市)、天狗山(北海道 小樽市)、測量山(北海道 室蘭市)が「夜景100選」に選ばれています。

ちなみに、全国では(2013年現在)以下の夜景名所が、「夜景100選」に認定されています。

夜景100選 一覧

<北海道>
・函館山(北海道 函館市)・藻岩山(北海道 札幌市)・JRタワー展望室T38(北海道 札幌市)・天狗山(北海道 小樽市)・測量山(北海道 室蘭市)

<東北>
釜臥山(青森県 むつ市)・ホテルヴィラシティー雲谷(青森県 青森市)・岩山公園(岩手県 盛岡市)・住友生命仙台中央ビル(SS30)(宮城県 仙台市)・セリオン(秋田県 秋田市)・舞鶴公園(山形県 天童市)・眺海の森(山形県 酒田市)・信夫山(福島県 福島市)

<関東>
・筑波山・表筑波スカイライン(茨城県 つくば市・石岡市)・太平山(栃木県 栃木市)・織姫公園(栃木県 足利市)・群馬県庁展望ホール(群馬県 前橋市)・大パノラマ夜景展望台(群馬県 前橋市)・美の山公園(埼玉県 秩父市)・きみさらずタワー(千葉県 木更津市)・飯岡刑部岬(千葉県 旭市)・アイ・リンクタウン展望室(千葉県 市川市)・ランドマークタワー スカイガーデン(神奈川県 横浜市)・横浜港大さん橋国際客船ターミナル(神奈川県 横浜市)・湘南平(神奈川県 平塚市)・菜の花台 (神奈川県 秦野市)・

<東京>
・東京タワー(東京都 港区)・六本木ヒルズ大展望台 東京シティビュー(東京都 港区)・都庁(東京都 新宿区)・サンシャイン60(東京都 豊島区)・世界貿易センタービル(東京都 港区)

<甲信越>
・笛吹川フルーツ公園(山梨県 山梨市)(★新日本三大夜景)・新倉浅間神社(山梨県 富士吉田市)・八代ふるさと公園(山梨県 笛吹市)・朱鷺メッセ展望室(新潟県 新潟市)・弥彦山(新潟県 長岡市・弥彦村)・富山市役所(富山県 富山市)・二上山(富山県 高岡市)・卯辰山(石川県 金沢市)・石川県庁(石川県 金沢市)・獅子吼高原(石川県 白山市)・村国山(福井県 越前市)・姨捨SA(長野県 千曲市)・城山公園(長野県 松本市)・立石公園(長野県 諏訪市)

<東海>
・金華山(岐阜県 岐阜市)
・池田山(岐阜県 池田町)・伊豆スカイライン(静岡県 伊豆)・熱海城(静岡県 熱海市)・富士川SA(静岡県 富士市)・東山スカイタワー(愛知県 名古屋市)・蔵王山展望台(愛知県 田原市)・垂坂公園・羽津山緑地(三重県 四日市市)

<近畿エリア>
・比叡山ドライブウエイ(滋賀県 大津市)・将軍塚(東山山頂公園)(京都府 京都市)・万灯呂山展望台(京都府 井手町)・梅田スカイビル空中庭園(大阪府 大阪市)・WTC(大阪府 大阪市)・信貴生駒スカイライン(大阪府 東大阪市・八尾市)・東大阪市役所(大阪府 東大阪市)・五月山(大阪府 池田市)・泉大津PA(大阪府 泉大津市)・摩耶山(兵庫県 神戸市)・六甲ガーデンテラス(兵庫県 神戸市)・ビーナスブリッジ(兵庫県 神戸市)・神戸ポートタワー(兵庫県 神戸市)・芦有ドライブウエイ(兵庫県 芦屋市)・淡路SA(兵庫県 淡路市)・若草山(奈良県 奈良市)(★新日本三大夜景)・信貴生駒スカイライン(奈良県 生駒市・平群町)・紀ノ川SA(和歌山県 和歌山市)・鷲ヶ峰コスモスパーク(和歌山県 有田川町)

<中国・山陰エリア>
・鷲羽山スカイライン(岡山県 倉敷市)・遙照山総合公園(岡山県 浅口市)・黄金山(広島県 広島市)・灰ヶ峰(広島県 呉市)・千光寺展望台(広島県 尾道市)・火の山(山口県 下関市)・竜王山公園(山口県 山陽小野田市)

<四国エリア>
・眉山(徳島県 徳島市)・屋島 獅子の霊厳(香川県 高松市)・天使のすむ丘 サンアンジェリーナ展望台(香川県 宇多津町)・松山総合公園(愛媛県 松山市)・具定展望台(愛媛県 四国中央市)・五台山公園(高知県 高知市)

<九州・沖縄エリア>
・皿倉山(福岡県 北九州市)(★新日本三大夜景)・福岡タワー(福岡県 福岡市)・油山 片江展望台(福岡県 福岡市)
・米の山展望広場(福岡県 篠栗町)・道の駅 吉野ヶ里(佐賀県 吉野ヶ里町)・稲佐山(長崎県 長崎市)・弓張岳展望台(長崎県 佐世保市)・花岡山(熊本県 熊本市)・金峰山(熊本県 熊本市)・十文字原展望台(大分県 別府市)・愛宕山公園(宮崎県 延岡市)・金御岳公園(宮崎県 都城市)・城山展望台(鹿児島県 鹿児島市)・城山公園(鹿児島県 霧島市)・浦添大公園(沖縄県 浦添市)

夜景がバッチリ見える双眼鏡の選び方

 夜景を双眼鏡で眺めて楽しもうとしたとき、双眼鏡によって、見え方が全く違ってくるので注意が必要です。

なかには、肉眼ではくっきり見える夜景も、双眼鏡で見ると、なぜか色彩がくすんで見えてしまうとか、暗くてよく見えないといったケースもしばしばあります。

 夜景を観ようと双眼鏡を選ぶ場合、倍率が高い双眼鏡こそが性能の高い双眼鏡だと考えるのはあまり得策ではないようです。
スポンサーリンク

ではどのような基準から、選べばよいのでしょうか?

それは「対物レンズの口径」を重視することです。

夜景を観賞するとき、双眼鏡は、暗がりのなかのわずかな光をレンズで集めようとします 

しかしもし対物レンズの口径が小さい双眼鏡ならば、その光をうまく集めることができず、仮に倍率が高かったとしても、くっきりと夜景が見えないということになってしまいます。

一方、対物レンズの口径が大きい双眼鏡は、集光性にすぐれ解像力があります。つまり、暗いところであっても、くっきりとシャープな夜景が見えるのです

ニコン 7x50SP 防水型 【7×50SP 防水型】 02P02jun13

▲夜景がくっきり見える口径50mm双眼鏡「ニコン7X50SP」

そんな「夜景の美しさ」という観点から、最高レベルの夜景観賞を双眼鏡でするなら、おススメの双眼鏡は、ニコン7X50SPです。

倍率は7倍あり、宝石のように輝く札幌のまちなみをばっちりと見え、ネオンの色彩もくっきりときれいにみえるからです。

難点としては少々値が張るのと 口径が大きいためやや重く山を歩いたりするのには負担になる可能性がある点でしょうか

ただ、驚くほど明るく解像度の高く、美しい夜景や星空を眺めていると重さなどは、気にならなくなるかもしれません。
スポンサーリンク


■ 仕 様 ■
対物レンズ 有効径(mm):50
倍率(倍):7
実視界(゜):7.3
見掛視界(゜):48.1(51.1)
1000mにおける視界(m):128
明るさ:50.4
アイレリーフ(mm):16.2
ひとみ径(mm):7.1
最短合焦距離(m):12.4
高さ (mm):217
幅(mm):210
眼幅調整範囲(mm):56〜72
質量(重さ)(g):1485

ニコン 7x50SP 防水型 【7×50SP 防水型】 02P02jun13
なお、夜景がきれいに見える双眼鏡は、ニコン7X50SPだけではありません 

たとえば「双眼鏡 夜間」などで検索してみると、対物レンズの口径が大きな夜間使用を想定した双眼鏡は、意外と多かったりします

重さ、値段などの条件も考慮しながら、夜景鑑賞に最適の双眼鏡を選ぶのがベストだと思います。
>>夜間に対応した双眼鏡一覧<楽天市場>

なお、対物レンズの大きい双眼鏡は、昼間など明るい時間帯は、目をやられてしまう可能性があるので、説明書に従って使用には注意を払う必要がありそうです。
 カテゴリ
 タグ
楽天市場
スポンサーリンク
カテゴリー
プロフィール
いのうえはるお(Inoue Haruo)
文と写真) 井上晴雄

【略歴】ライター、画家として活動中。観光関連の出版物での連載や寄稿、個展開催など。夜景観賞士検定1級、旅行作家の会会員  【ライター実績】「大人の遠足」(JTB)「癒しの湯治宿」(山と渓谷社)「まっぷる」(昭文社)「旅の雫」(交通新聞社)ほか多数

(関連サイト)
タグクラウド
最近の記事
サイト内検索
Custom Search
北海道の大地は癒しとロマンの宝庫
スポンサーリンク

スポンサーリンク
Copyright © 北海道の夜景やグルメを味わう鉄道の旅|千歳、札幌、小樽、室蘭ほか All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。