駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市)2 (2).JPG
▲室蘭郷土料理コンクール最優秀賞を受賞の駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」

全国にさまざまな駅弁がありますが、これほど愛情を感じさせる味わいの駅弁はなかなかないのではないでしょうか。
JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (2).JPG
▲JR北海道の普通列車(室蘭ー東室蘭)

かつて鉄鋼業が栄え「鉄のまち」といわれた北海道室蘭市。室蘭には、東室蘭ー室蘭にのんびりとJRの普通列車が走っています。
スポンサーリンク

そんな室蘭本線のちいさな駅で生まれた、ホッキ貝をつかった駅弁が、1987年、「室蘭郷土料理コンクール」最優秀賞を受賞しました。

あたたたかみがあり、ほっこりする駅弁なのだとか。いったいどんな駅弁なのだろう?そこで、その味を求め、JR東室蘭駅から室蘭行きの列車に乗り込んでみました。
JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (6).JPG
▲東室蘭から室蘭へ向かう列車にて

JR東室蘭駅を後にした2両編成のディーゼルカーは緩やかなカーブを描きながら進んでいきます。車窓にはかつて鉄のまちとして栄えた工場群がひっそりとつづき、どこか哀愁を感じさせます。

輪西駅、御崎駅と停車し、室蘭のひとつ手前の母恋ぼこい)駅で下車しました。

母恋駅(北海道 室蘭市)の駅舎は、昭和初期に立てられた木造の建物。過ぎ去った日を物語る、あたたかみを感じさせる空間です 

待合室に入ると、数人のおばあさんたちが楽しそうにおしゃべりをしながら札幌方面への列車を待ってました。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市)2.JPG
▲昭和初期にたてられた木造の「母恋駅」(北海道 室蘭市)

この母恋駅で売られている駅弁の名は、「母恋めしぼこいめし)」です。
スポンサーリンク

「母恋めし」は1987年に開催された「第2回むろらん郷土料理コンクール」弁当部門で最優秀賞を獲得した料理をもとにつくられた駅弁。

「母恋めし(ぼこいめし)」は現在、母恋駅をはじめ、室蘭駅と東室蘭駅のキオスク、喫茶店ブロートン99、道の駅みたらのコンビニなど北海道室蘭市内で販売されています。

「母恋めし」はすべて手づくりゆえ、一日15〜40個の限定販売。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (5).JPG
▲駅の外にも「母恋めし」販売中を知らせる看板(母恋駅での販売は〜14時)

待合室の一角に売店があり「母恋めし 販売中」と書かれた看板がかかげられていました。やさしい笑顔の店員さんが、販売を行っていました。

早速「母恋めし」をひとつ購入しました。ひとつ980円でした。

母恋(ぼこい)という地名は、アイヌ語で「ポク・オイ」(ホッキ貝がたくさんとれる場所)に由来すると伝えられています。

それは、室蘭の沿岸でホッキ貝漁が、現在だけではなく、昔も盛んだったことを示すのでしょう。この「母恋めし」はそんな地元産のホッキ貝をつかった駅弁です。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市)2 (1).JPG
▲JR室蘭本線名物の駅弁「母恋めし」はやさしいピンク色の風呂敷に包まれている

 桃色の風呂敷をあけると、駅弁がでてきました。白いふたをあけると、なかからは、ごろごろをいろいろな料理が顔を出しました。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市)2 (4).JPG
▲むろらん郷土料理コンクール」弁当部門で最優秀賞を獲得の駅弁「母恋めし」

「母恋めし」のなかで最も目を引いたのはなんといっても、10cmほどもあるホッキ貝の貝殻です。ほんのり磯の香りがただよってきます。

その貝殻をあけてみると、握り飯がごろりとでてきました。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (4).JPG
▲「母恋めし」のメイン、ホッキ貝をつかった炊き込みご飯の握り飯(計2つ入っている)

この握り飯は、地元でとれたホッキ貝をつかった茸の炊き込みご飯です。

鰹のダシでとった出汁に、みりんや醤油をブレンド。ホッキ貝をさっとくぐらせるとホッキ貝は淡い桃色に染まり、独特の旨味と甘みがあふれています。

室蘭や苫小牧など、北海道の沿岸部で水揚げされたホッキ貝は、歯ごたえがよくやわらかいのが特徴です。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (2).JPG
▲「母恋めし」の主役である「ホッキ貝の握り飯」

「ホッキ貝の握り飯」は、炊き込みご飯もホッキ貝との相性がよく、やさしい味わいのする握り飯で美味でした。

「母恋飯」のなかには、ホッキ貝の握り飯のほかには、燻製卵(クンタマ)、縄文チーズ、小ナス漬け物もラップにつつまれて入っていました。

それぞれシンプルに見えど、こだわり抜いた味わい。
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (3).JPG
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (1).JPG
駅弁「母恋めし(ぼこいめし)」JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市)2 (5).JPG


こだわりといえば、「母恋めし」は鉄分やカルシウムが豊富で低脂肪という風に、健康への配慮もなされています。

また、「母恋めし」は各料理はラップなどに包まれて小分けにされており、お箸なしで食べられるようになっています。

それは列車に乗りながらも食べやすいような工夫と、環境への配慮という意味合いもあるそうです。

ゆったりとした時間だけが流れている。そんな木造の駅舎・母恋駅で食べた「母恋めし」は、作り手のあたたかい心を感じさせてくれる、北海道らしさあふれる駅弁でした。
JR室蘭本線 母恋駅(北海道 室蘭市) (4).JPG
▲JR室蘭本線「母恋駅」のホームと列車(北海道 室蘭市)

駅弁母恋めしぼこいめし)」(北海道 室蘭市DATA
(製造元)母恋めし本舗
(電話)0143-27-2777

大きな地図で見る
(定価)ひとつ980円(税込)
(宿泊)室蘭の観光に便利な室蘭市内の宿一覧<楽天トラベル>
(販売箇所)母恋駅(〜14時)、室蘭駅、東室蘭駅、ブロートン99、道の駅みたら室蘭など
北海道は豊かな自然を秘めた広大な大地を有し、美しい風景や美味な味覚など見どころ盛り沢山
スポンサーリンク