北海道室蘭市の清水町には、標高199.63mの測量山がそびえています。測量山の山頂には、日没後、カラフルな色彩で明かりが灯ります。
測量山 夜景(北海道 室蘭市) (9).JPG
▲測量山電波塔がつくりだす夜景(北海道 室蘭市)
スポンサーリンク

ライトアップされた測量山山頂電波灯による夜景がうつくしいと評判。

昭和63年からその測量山電波塔のライトアップははじまり、今や室蘭市民にとっては「心の灯」「希望の灯」ともいえるシンボル的な夜景になっています。

測量山という名前の起源は、明治時代、北海道開拓使の陸地測量兼道路築造長・米国人技師ワーフィールド氏が札幌本道(現在の国道36号線)をつくる際に測量山を測量して登ったことにあると伝えられています。

そのときは「見当山」と名づけられたのですが、以降、「測量の起点」となった意味合いから「測量山」と名が変更され、現在に至っています。
測量山 夜景(北海道 室蘭市) (2).JPG
▲測量山展望台からの、電波塔と工場夜景群の夜景(北海道 室蘭市)

測量山 夜景(北海道 室蘭市) (5).JPG
▲室蘭の夜景名所 測量山展望台からの白鳥大橋

測量山の山頂には市内最大の夜景スポットである、測量山展望台があります。

測量山展望台からの眺望は、室蘭八景の一つで、日が沈むと室蘭港、室蘭の工場群、白鳥大橋のライトアップなど、室蘭を代表する夜景の数々を堪能できることで人気の夜景スポット。

その測量山展望台を囲むように、これら測量山電波塔が立っています。
測量山 夜景(北海道 室蘭市) (6).JPG
▲測量山の山頂に立つ、測量山電波塔群(北海道 室蘭市)
スポンサーリンク

測量山の電波塔ライトアップがスタートしたのは1988年(昭和63年)のことでした。そのきっかけは同年7月に開催された「むろらん港まつり」。

祭りを盛り上げるために北海道電力室蘭市社が測量山ライトアップを行い、大きな反響と喜びの声をえました。ただ祭りが終わると、ライトアップの設備は他の室蘭以外のまちに移してしまう予定でした。
測量山 夜景(北海道 室蘭市) (3).JPG
▲測量山展望台からの 電波塔と白鳥大橋の夜景(北海道 室蘭市)

その当時、室蘭では主幹産業である鉄鋼業が合理化されたことなどから、連日、暗い話題がまちにつづいていました。室蘭のまちに仕事がなくなっていき、人口流出が相次いでいたのです。

そして1987年(昭和62年)には、当時室蘭のシンボル的存在であった「新日鐵の高炉の火」までもが消えてしまいました。

そのような社会背景に「おいて、カラフルな光でライトアップされた測量山電波塔のあかりは、室蘭市民にとって希望の光となったのでしょう。
測量山 夜景(北海道 室蘭市) (10).JPG
▲室蘭市民の希望の光となった 測量山の夜景(北海道 室蘭市)

1988年の「むろらん港まつり」が終了したあと、市民から「測量山のライトアップをつづけてほしい」という声が殺到しました。

そこで室蘭ルネッサンスがライトアップ設備を引き受け、測量山電波塔のライトアップが継続されることになりました。

そのライトアップは2013年現在でもつづいているのですが、その維持費は、個人や企業、団体などの寄付によりまかなわれています。

たとえば、結婚、入学、記念日などの記念に灯りをともすなど。利用料は1回4千円、10万円の大口寄付は1カ月点灯だとか。

今日も測量山電波塔にはカラフルなあかりがともります。その夜景を見上げていると、安心するとともに明日への希望を感じました。

▲JR室蘭駅から観た、室蘭市街地と測量山の夜景(北海道 室蘭市)

(室蘭の名物)豚肉でも何故か北海道では『やきとり』!室蘭名物やきとりセット※商品のお届けはご注文より1週...

測量山 DATA
(住所) 北海道室蘭市清水町1丁目
(電話) 0143-25-3320
(宿泊)室蘭の観光に便利なホテル・旅館一覧(楽天トラベル)
(測量山山頂への交通)
・JR室蘭駅より徒歩50分 ※徒歩は日没後は暗がりになるので注意
・JR室蘭駅から車で10分(4q)
・室蘭ICより車で30分(10.7q)
北海道は豊かな自然を秘めた広大な大地を有し、美しい風景や美味な味覚など見どころ盛り沢山
スポンサーリンク